このページの先頭です

社長ブログ

アカガイ!

2018年2月15日

カテゴリー: 未分類

八重洲のおやじです!

今年の冬は次から次に最強寒気団が日本列島を襲ってきましたが・・・

昨日は「春一番」が訪れ、一気に「春」を感じる陽気になりましたね!

 

でも先週は寒かった!

雪は降るし・・・

強い北風が荒れ狂うし・・・

最低気温は氷点下になるし・・・

こんな日は海も大荒れ!

その名残りが・・・

荒れた海岸にはガレキと云うか?ゴミと云うか?

海からの漂着物がたくさん打ち上げられています!

このゴミ?の中には・・・こんなものも・・・

アカガイです!

赤貝と云いますが・・・

地元では昔から「チガイ」と云っていました。

ネットで調べると「血貝」と書くよ~です!

身が赤いから「血貝」・・・

捌くと赤い「血」のよーなものが出るから「血貝」なのか???

もう50数年前の昔は・・・この寒い時期によく獲れていたものです。

でも最近は久々に見ましたし・・・

数も少ないんです。

 

こんなに超デカサイズも・・・

10㎝ほどあり、ずっしりと重いんです。

寿司ネタサイズ!

今では超高級らしいですね。

20数個拾いましたが・・・

海の中へリリース!

 

こんなものも・・・

ワタリガニ!

このカニさんは息絶えていました。

カラスたちがごちそうになるのかな???

 

荒れた海からの贈り物・自然からの恵みです。

 

昔はこの「チガイ」を獲るため・・・

じいちゃんが「ふんどし」いっちょで冷たい海に入り・・・

大きな「たも」ですくって・・・

おやじはじいちゃんがすくった「たも」の中から・・・

この「チガイ」だけを選んで家に持って帰っていました。

家では、ばあちゃんとかあちゃんが「かまど」でお湯を沸かし・・・

湯がいて・・・

身を取って・・・

酢醤油で食べたり・・・

煮込んで佃煮にしたり・・・

美味しい食材でしたが・・・

今はこの光景は全く見られなくなってしまっています。

昭和30年代の話でした!