このページの先頭です

社長ブログ

フィリピンでの おつりの計算

2018年2月27日

カテゴリー: Ambitious 40sのフィリピンブログ

Nakatira ako sa Makati… 白石です。

ナカティラ~アコ・サ・マカティ

(訳:I live in Makati.)

うん、やっぱタガログ語は難しい(しみじみ)。

 

さてフィリピンにおける、おつりの計算について。

こちらの方は「数字に弱い」(ごめんね)、

ってよくいわれます。(あくまで噂です)

つまり計算が苦手っていうんでしょうか。

(そんな私も数字、苦手ですが・・・(笑))

 

あるお店での会計時の話。(これも実話ね)

総額 506ペソ のお支払い。

「Amount Due 506.00PHP  Sir~」みたいな感じで

 

だから、私が手渡したお金 1,006ペソ (わかります?)

ほら、ちゃんと 1,006ペソありますよね?

だって、おつり500ペソちょうどが、いいじゃんっ!?

1,006-506=500 だわ。(500ペソ紙幣1枚でさ)

 

んで、おつりを待つこと5分・・・(結構長い、これ(笑))

 

 

店員「Hi,sir ~Change Po」(こちらがおつりになります)

ジャラじゃらリっ~~ん!!

バっラバラのお釣り。。

 

・・・・。(あ・ら?・・・・。)

??? なんで ???

ひィ~ふゥ~みィ~よォ~・・・・(いち、に~、さん、し~)

・・・・・・。

 

「しかも足らん・・・足らんバイ・・・釣り・・・。」

495ペソしかないやん。

1,006-506 ≠ 495 ????(どういう仕組み?)

 

店員「Thank you so much ~~」(ごきげんで立ち去るおねえさん)

私「No no no no !!!  Ihanded to you 1,006,right?

  Why only 495 changes ???」(注:ここ文法間違ってます、でも伝わる(笑))

「ちゃう、ちゃう、ちゃう!!あなたに 1,006 渡したでしょ?

 なんでおつりが 495 しかないん?」

 

店員「・・・。」 (無言)。

私「You received 1,006 just now.」

「あなた、さっき 1,006ペソ受け取りましたよ」

店員「Opo.But We don’t have 5 piso now・・・」

「はい、でもいま5ペソ硬貨がないんです・・・」(なんのこっちゃ??)

(もはや意味不明(笑)、無茶苦茶な会話(笑))

私「はあ?」(思わず日本語)

 

私「No no!! You made a mistake of my change.」

           ↑ここも怪しいが意図は通じる(笑)

「いやいや、あなたは、私のおつりを間違ってますよ」

私「Would you check it again?」

「もう一回確認してくださいませんか?」

店員「Opo。。。」 「はい」

 

また待つこと5分(これまた結構長い・・・(笑))

ようやく 5ペソ不足に気づいた店員さん。

 

そして また ジャラリ~~~んって!!

さらに 小銭で5ペソ・・・。(OMG)。

おつりは500ペソ紙幣1枚のはずが、もう・・・

結果、ジャッラじゃらのバッラバラに・・・・。

(ホント、まじでバッラバラやったわ・・・。)

 

ま、またいい経験になりましたけどね。

              That’s all, See you next !!!