このページの先頭です

社長ブログ

フィリピン共和国 海外事業視察 その1

2018年12月4日

カテゴリー: 海外駐在員のざれごと

皆さん、こんにちは! 団長です。

さて、11月29日~12月2日にかけて、西部ガスグループの皆様が弊社フィリピン共和国内のプロジェクト視察に来ていただきました。

3泊4日ですが、実働2日間しかありませんので、かなりタイトなスケジュールにもかかわらず、ありがとうございました。

 

 

 

 

今からレポートして参りますが、お時間のない方は、こちらのMovieを見て下さいませ ↓

3分弱のビデオですが、今回の視察と弊社のプロジェクトがギュッと詰まっております。

因みにこちらのビデオは、共同パートナーのドナルド社長の14歳のご令嬢マギーさんと二人の友人が当日撮影してくれて、夕食会の後に上映していただきました。

私もAkira氏も涙を堪えるのが精いっぱいなほど嬉しかったです。誠にありがとうございました!

 

 

 

さてさて、ビデオを見られた方で、引続きレポートにご付き合いいただける方はご覧くださいませ。

6時半にバスに乗り、フィリピン共和の「東京の丸の内」と言われるMakati(マカティ)を出発します。

 

まだ、皆さん笑顔です。 これから待ち受ける渋滞を知らずに。。。(笑)

道のりは100㎞程度ですので、福岡市から山口の下関市と同じ距離です。

途中1時間ほど他の物件を見学して、現地に到着したのが11時間半。

5時間かかりました。皆さんお疲れ様でした。

 

そんな疲れも現地パートナーのスタッフの皆さんが温かく迎えてくれて疲れもなくなりました。

 

 

現地に西部ガスグループ各社の名前入りウエルカム横断幕です。ほんとにありがとうございます!

 

Hinata Housing Corporationは、九州八重洲と現地パートナーNedsteel社の共同会社の名前になり、本プロジェクトの事業主になります。

 

会社名を付ける際、フィリピン共和国の国旗をずっとながめていて、国旗の中にある太陽のマークと西部ガス㈱がショールームやサービスに「ヒナタ」と名付けているのをミックスできないかなと思い、思案しました。

国旗の意味は、太陽=自由 ★=主な3島を表現(ルソン、ビサヤ、ミンダナオ) 白=平等と友愛 青=平和、真実、正義 赤=勇気と愛国心

「日本とフィリピンの架け橋」的な名前とデザインにしたいという思いですね。

 

 

そして、できあがったのが こちらです  ↓

 

 

我々の思いがいっぱい詰まった社名です。

ヘルメットや制服になるとまた一段と感慨深いものです。

 

 

 

 

全員そろっての記念撮影  ↓

一人だけ韓国のハートマークのサインをしている方がいますが、無視しましょう(笑)

 

 

 

 

 

ドナルド社長とネルソン取締役建設部長 ↓  タイプは違いますけど、ムードメーカー的な存在です。

ネルソンさんはAkira氏の喫煙友達です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

左から、ジョンさん(総務担当)、Akira氏、ティンさん(財務担当)、団長、ボーイさん(設計担当)、通訳のノエミさん、西部ガス松田部長、弊社代表吉川、ドナルド社長、そして我らがボス トニー会長です。

 

最後は笑いあり、涙ありの夕食会でしたが、誠にありがとうございました。

Special thank you for everything you have done for our group company!

I’m really thankful to you!  maraming salamat po!