このページの先頭です

社長ブログ

Bakit meron nito dito?  ~旅発ち編~

2018年5月23日

カテゴリー: 海外駐在員のざれごと

皆さん、こんばんは! ヤエスクワガタ団 団長です。

タイトルの意味は、

Bakit meron nito dito?

(バキット メロン ニト ドィト? どうしてこれがここにあるの?)

 

今宵も熱帯夜のフィリピン現地よりお送り致します。

 

 

 

週末時間ができましたので、旅のお供と一緒にある島へ出かけました。

防水性に優れ、海や川でのアクティビティにもってこいなバックです。

浮き輪代わりにもなります。 日本円で1000円もしません↓

 

 

現地に長く住んでいる方より、フィリピンに来たなら「Island Hopping:アイランドホッピング」を楽しんだ方がいいよと教えていただきました。

即実行です! 仕事も遊びもスピードが一番です。 何事も考動です!!!

 

 

この飛行機に乗ります↑

 

 

因みにマニラにある空港は、Ninoy Aquino International Airport:ニノイ・アキノ国際空港(通称:NAIA ナイア)です。ターミナル1から4まであります。

私たちが日ごろ福岡から利用しているターミナル2は、フィリピン航空がメインで国際線と国内線があります。

今回の旅は、LCC(Low Cost Carrier ローコストキャリア)がメインのターミナル4を利用します。

 

 

 

 

機内の様子です↓

 

 

 

 

 

うん、古いです。。。ちょっとフライトが怖くなってきました。 

 

 

 

 

 

久しぶりに見ました! 吸い殻入れ付のひじ掛け↓

 

 

 

 

 

荷物を入れようとしたが、入らない収納↓ 

高さが20cmもありません (>_<)

 

 

 

 

 

国際線ではあまりないのですが、国内線で時々あることをお伝えします。

フィリピン市民にとっては、まだまだ飛行機は一般的な乗り物ではありません。

遠出をするときは、バスか船に乗ります。

だから、飛行機に乗ることが初めてな方もたくさんいらっしゃいます。

イメージとしては昭和50年代の日本でしょうか。

 

 

今回の飛行機は、真ん中通路を挟んで6列シート(3列×2)です。

ABC 通路 DEF

 

私は窓側派なので7Aを取りましたが、見ると誰かが座ってます。

私 「Excuse me, Can you show me your ticket?」

おじさん「……」 スマイルを返してきます。

チケットを見せていただくと案の定、7Bです。

よく見てみると、7B~Fまで5人家族で乗られているようです。

 

 

 

 

 

座席に座ろうとすると、足元に何やらあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキの山です(笑)

私の足元だけではなく、家族5人の足元びっしりです。

片言の英語とタガログ語で話を聞くと、家族や親せき、近所の方へのお土産だそうです。

 

どかして欲しいけど、置くとこないし。

さっきの上部収納は高さが足りんし。

 

 

50分のフライト中、足を伸ばせず、覚えたてのタガログ語で独り言...

「Bakit meron nito dito?」

 

 

 

 

 

 

See Ya…With all my gratitude.

ただいま現地時間23:15.もう少しで一つ歳を重ねます(爆)