このページの先頭です

社長ブログ

Basketball(バスケットボール)

2019年3月29日

カテゴリー: 海外駐在員のざれごと

みなさん、こんばんは! 団長です。

 

暑いですね、フィリピン共和国。

39℃あります(笑)

 

 

フィリピン共和国で最も熱いスポーツが表題のバスケットボールです。国技と言ってもよいくらいの人気を博しています。街中の至る所でバスケットゴールを見ることができます。

日本でもプロリーグが始まりましたが、国際ランキングはフィリピン共和国の方が断然に上位です。

 

アジア1位が中国、そしてフィリピン共和国、3位に韓国が続き、日本はずっと下にありまして世界49位です。

団長も中学生の頃、バスケットボール部に所属しておりましたが、陸上部よりも激しい走り込みをさせられ、3年生が引退する8月までボールを触らせてもらえず、26名いた1年生が9名にまで減ったのを覚えております。

それに比べ、フィリピン共和国のバスケットは生活の一部になっているかのように、幼児から大人に至るまでがプレイを楽しんでいるのが印象的でした。

日本で例えると父親と野球のキャッチボールをした想い出に似ているかな。。。

 

 

 

 

 

 

日本から幼児用のバスケットゴールとボールを寄付させていただきました。

早速1~3歳くらいの子供たちが集まってきて、ダンクシュート!!! ↓

 

 

めちゃくちゃ喜んでくれて、日本から持って行った甲斐がありました!

この男の子は1歳になる前に心臓に病を持っていることがわかり、個人的に援助をさせていただいております。

もうすぐで2歳になりますが、同年代の子供より一回り小さいです。これからもすくすく育っていくことを祈っております。

 

 

 

幼児には7号ボールは大きすぎたかな?!

 

 

 

 

 

女の子たちはゴム縄遊びをやってました。

TVゲームなし、スマホなし。友達の家に行くのに事前にLINEで連絡する必要なし。近所の家でおやつや夕食を食べても問題なし。時計不必要、陽が沈めば家に帰る、それだけがルール。

今の日本の教育や近所付き合い。。。本当に今のままで良いのかなと考えさせられる風景を見ました。

 

 

See Ya...With all my gratitude!