このページの先頭です

現場レポート

間もなく上棟から一か月!

2018年1月23日

カテゴリー: 東エリア(東区、博多区、粕屋郡全域)

 

こんにちは!不動産ソリューション事業部の下橋です( ◠‿◠ )

 

本日は上棟から間もなく一か月がたちます、

西戸崎6丁目8番街区№6コンセプトハウスの工事進捗状況について

ご報告させていただきます!

 

まず内部ですが、断熱材施工途中です!

断熱材は外気に接する部分に入れ、建物をすっぽりと包み込みます!!

断熱材を入れることにより冬の寒さに耐え、夏の冷房の効きを良くする とても大切な工程です(´-`).。oO

2階天井まできっちりと敷きこんでおります!

林田健吾棟梁ありがとうございます!!✨

 

外部ですが、外装下地検査が行われました!

外装下地検査とは 外壁を張る前に、雨漏りを防ぐ“透湿防水シート”の施工状況確認を行います。

シートを留め付ける間隔が広いと外部からの雨水の侵入の原因となりますので、

建物外周部全てを確認し、増し打ちを行っていきます。

検査員さんと確認していき無事検査完了しました!これからいよいよ外壁の施工に入っていきます!

 

こちらは玄関上の庇部分です!

今回、屋根工事の㈱豊板金工業さんにお願いしまして、施工の様子を見学させていただきました!

手順としては、唐草→改質アスファルト→屋根板金施工 といった工程で施工されていました!

唐草(からくさ)という部材は軒先に取り付けられる雨仕舞を良くするための部材を施工していきます!

水の侵入を防ぐ役割をしています。

 

ひさし上部の取り付けです!

この庇板金と唐草の間にある黒いシートが、改質アスファルトフェルトという製品です。

もし水が浸入したとしてもこの改質アスファルトフェルトが2次防水として木材の腐食から守ってくれます!

試しに切れ端に水を垂らしてみましたが、見事にはじいていました👀

 

改質アスファルトフェルトの上に庇板金を取り付け、唐草の出っ張っている部分に

板金を折り込み、微調整して施工完了です!

とてもきれいに施工されております!これで雨漏りの不安もありません!

安武さん、ありがとうございます!!

 

西戸崎6丁目8番街区№6コンセプトハウス 着実に工事が進んでおります!

工事途中ではありますが、もちろんご見学いただけます!

ご興味のある方は是非お気軽にお問合せください!

お待ちしております!( ◠‿◠ ) !

 

 

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

福岡の新築一戸建てのことなら『九州八重洲』へお任せください!

戸建て・マンションのリフォーム、リノベーションも請け賜ります!

皆様のお問合せをお待ちしております!!

電話番号:092-472-2888

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜