このページの先頭です

スタッフ日記

クムスタカ??

2017年9月13日

カテゴリー: Ambitious 40sのフィリピンブログ

It’s been such a long time ~

(お久しぶりです~)

白石です。

少し落ち着いてきたのでブログ開始。

 

さて、実は私いまフィリピン共和国におります。(トータル2か月近くになりますかな)

もちろん単身で。

今回弊社の海外事業のスタートにあたり赴任のチャンスを頂きました。

 

でも私が現在いるのはみなさまご存知の大都会マニラではなく、

ラグナ州シティ・オブ・サンペドロっていうところ。

第1回目のブログは、私の今住んでるこの町のご紹介をしましょうかね。

 

ラグナは、首都マニラから南下すること24㎞程度ののどかな?田舎町です。

よかところです。

こんな感じ。

ラグナ州はマニラのあるルソン島(フィリピンの中心の島で日本の本州にあたります)の中部にある州で、州全体の人口は約196万人。

ラグナの語源はスペイン語のLago(ラーゴ:湖)からきているとか。

フィリピンは以前スペインの統治時代がありましたからね。

実際すぐ近くにラグナ湖というめっちゃデカい湖があります。

 

そんな私の現在の部屋を少しだけサービスで(笑)。

…よかろうもん…。

(注*当然のことながらここフィリピンで「よかろうもんっ!」て叫んでも誰もわかってくれませんでした)

 

ここはのどかな町だけあってタクシーも走ってません。

もっぱら移動手段はこれ。

バイク・・・

トライセクル というバイクの 荷台にのる 交通手段。

ここでは地元の方の重要な「足」なんです。

ここでは車よりこのトライセクルの方が多いんですよ、ホントに。

 

そんなトライセクルの車内?荷台?からの貴重なショット。

なかなかないですよこのショット(笑)。

一回につき 20ペソ~30ペソ(日本円で44円~66円くらいですかね)。

最初は、ビックリしましたが今ではすっかり慣れて

「トラーイ」呼ぶときの合図) って大声で叫んでます。

 

こんなのどかなところですが、私にはとってもいい経験になってます。

もっとここの地元の方々の生活スタイル、考え方なんかを深く知っていきたいと思います。

生活スタイルや考え方が分からないと、こちらで「住まい」のことなんかお仕事にできませんからね!

ではまたフィリピンからの便りをお届けします。

 

It  looks  nice,right?  (よかろうもん)。

・・・いろいろ試しましたが、これが一番「よかろうもん」を表現でき、それに対する反応があった造語です(笑)。