このページの先頭です

トップページ > やえすの八つの約束

やえすの八つの約束 理想の家づくり幸せづくりをお手伝いするために。社員一人一人が胸に刻んだ約束があります。

子育て世代を応援します。

子どもの成長に欠かせないもの。それは、健やかで安心な住まいと家族のふれあいだと、九州八重洲は考えます。お子さまが小さいときは、しっかりと目が届くように。また、成長に合わせて部屋を自由に仕切ることができるなど、家づくりで子育て世代を応援します。

画像:女の子と男の子

売ることだけを目的としません。

年月を重ねるほどに美しく、居心地の良い家と街並み。そんな街並みを育てることは、土地・建物の資産価値を守ることにもつながります。そのためには、独自に設けたガイドラインを守る必要があります。そのため、「街づくり」の考えに共感いただけないお客さまには販売することができないのです。

八つの

長いお付き合いが前提です。

住まいのお引渡し時には、ご家族とスタッフ全員で笑顔の記念撮影。ここから、お客さまとの長いお付き合いが始まります。1カ月・3カ月・1年・2年・5年・10年・20年の計7回の定期点検をはじめ、年に1度は全てのお客さまへの「ふれあい訪問」を実施しています。

写真:小さい女の子とスーツ姿の男性

街づくりから始めます。

外で遊ぶ子どもたちの笑い声が聞こえてくる。とても幸せなひとときです。九州八重洲の家づくりは、街づくりから始めます。街並み全てが、その街で暮らすみなさんの共有財産。整えられた街並みがもたらすくつろぎや安心感は、ご近所との伸びやかなコミュニティを育みます。

やえすの

1つ1つを大切に年間60棟まで。

社長、社員の全員が現場に出る「現場第一主義」を大切にしているのは、お客さまのパートナーであるという思いがあるから。ご購入後も「現場」は続きます。私たちが販売・仲介する住まいはすべて本社から60分以内に到着できる場所。スピーディで確実な対応を行うため、年間の注文・販売数も60棟に限定しています。

約束

家づくりを一緒に楽しみます。

家づくりは想像以上にパワーを使います。悩みが増える場合もあります。だからこそ、工事のスタート時には、お客さま、営業担当、設計担当、現場責任者の「4者打ち合わせ」を必ず行います。建築中もわずかな要望や疑問に1つ1つお答えしながら、理想の家づくり、幸せづくりを一緒になってお手伝いします。

このページの先頭へ