現場レポート

建築や造成工事などあまり見る機会のない場面を
お届けしております
HOME 現場レポート 藤崎1丁目2番街区№1 コンセプトハウス 配筋検査
暮らし描き事業部 竹中 佑介

暮らし描き事業部 竹中佑介

藤崎1丁目2番街区№1 コンセプトハウス 配筋検査

カテゴリー:

皆様こんにちは。

暮らし描き事業部の竹中です。

先日、藤崎1丁目2番街区№1コンセプトハウスの配筋検査を行いました。

配筋検査では、図面通りに鉄筋が配筋されているか、鉄筋径が間違っていないかなどを確認していきます。

設計、現場担当の確認後に第三者機関のJIO(日本住宅保険検査機構)さんにも確認を行っていただきます。

コンクリートを打設すると見えなくなる部分なので、細かくチェックします!

検査は、図面通りに施工されており無事に合格いたしました!

写真に写っている黄色いピンのようなものは、「レベルポインター」です。

コンクリートのレベル出し(コンクリートを水平にする作業)をする際にコンクリートをどこまで流し込めばいいのかの目印とするための道具です。

こちらのグレーの筒のようなものは、「スリーブ」です。

給排水管が壁や基礎などを貫通する場合に、その開口を確保するための管のことです。

基礎工事が完了すると、土台敷きから上棟というよう工事が進んでいきます。

上棟がとても楽しみです!

工事の進捗はまたブログにてお伝えします!

以上、暮らし描き事業部の竹中でした!

建築までお待ちいただく期間

注文住宅の着工はお待ちいただいている状況です。

お客様との時間を大切にするために年間棟数を定めたり、
専属棟梁による家づくりであったりと、

お客さまにご満足いただける住まいを提供する理由からです。

(八つのお約束をご覧ください。)

どうぞご理解くださいませ。